あおいわかば会 発足にあたって

 

 呉服町土屋内科では、2006年1月に糖尿病の患者さんを中心とした友の会、「あおいわかば会」が発足いたしました。

 現在では国民の740万人が糖尿病といわれ、問題になっています。

 糖尿病は、上手に付き合っていけば決して怖い病気ではないのですが、残念ながら今の医学では完治する病気ではありません。日々の生活のなかで食事・運動・薬物と自己管理を要するという点で、苦労の多い病気ともいえるでしょう。

 当院では、少しでも皆さんの手助けができればと、来院時には看護師、栄養士が生活、食事の相談をさせていただく時間を設けています。しかし、やはり患者さんご本人にしかわからない思いや悩みを抱えてしまうこともあるでしょう。同じ病気をもつ仲間であれば分かち合える思いもあるかもしれません。

 そこで、そうした仲間作りのために、またその仲間とお互い励ましあったり刺激しあったりしていくことで、より良い生活を送っていただくために友の会という場を設けることにいたしました。

 活動としては、年に3、4回の勉強会、交流会を予定しております。もちろん、その中でできたお友達と個人的にお話していただく機会に制限はありません。

 この場が、確かな知識を身につけつつ良い仲間と語らいながらより良い生活をしていく上でのきっかけ、支えとなってくだされば幸と院長はじめスタッフ一同願っております。

​あおいわかば会ホームページ